籍を抜きました(何も変わってない)

予定より半月程度早く、諸事情で籍を抜きました。

わたし自身は苗字も本籍すらも変わってない(離婚をしたことで新しく自分が世帯主の戸籍を作ったことにはなるが本籍住所自体は変えなかった)何よりも相変わらず仲良しの状態で、わざわざ周囲に公表する必要性も感じていないので、事実はごく一部の人たちしか知りません。

しかも転勤先離職の都合で部屋を引き払わないとならなくなり、結局元旦那と同居状態です。

でもお互い「籍抜いたから何さ?」って感じ。

籍を抜くと決めてから、旦那がアルコール中毒一歩手前になったり、急に転勤せざるを得なかったり、転勤先でパワハラにあって最終的に旦那が助けてくれたりと、まあ相変わらずバタバタした時間を過ごしていましたが、籍を抜く数日前にいろいろなこと(カルマというべきだろうか?)が解消され、それこそ「お互いに対する学び」「過去の精算」が一定の終わりを迎え、わたしという存在が一旦「亡くなりました」。

 

でもまあこれで、これから先お互いがどんな生活を選んだとしても、誰からも何も言われる筋合いはありません。相変わらず「わたしはわたし」。これで元旦那の「奥さん」ではない。個人の自由の範疇で好きに生きていける。

今は自宅がなくなったから居候させてもらっていますが、そのうち出ていくべく準備中です。いつもありがとう、マイパートナー!

 

最初は本籍地の役所窓口に行ったら、わたしの引越し手配の都合上、現住所の役所に行ってくれとのことで、元旦那とふたりで某市役所に行きました。

窓口担当になったお姉様が「離婚届」をみて「え!?」と困惑。

「あの、え、本当に離婚されるんですか?てっきりお二人の空気感からこれから入籍されるものだとばかり…。え、本当に?本当に離婚なんですか?」

申し訳ないけど信じられないとのことで数回意思確認されて、あまりにフレンドリーな方なので手続きをしながら「何故離婚をすることになったのか」など身の上話になりました。

元旦那「パートナーが「奥さん」というかたちで、僕の従属かのように見られるのが嫌だったんだよね。パートナーの方が優れていることがたくさんあったのに、いつも僕と一緒にいることで僕の功績かのようにされるのが嫌だった。」

わたし「今更扶養に入りたいとも思わないし、特別定額給付(一律10万円給付)の時に世帯主に一括されたでしょ?わたしの分はわたしに連絡してよ!としか思えなかったんですよねー」

 

お姉様に「お二人は喧嘩はしなかったんですか?」と聞かれたので、「喧嘩はそれなりにしてきたけど、一回離れて冷静になってから『答え合わせ』というかたちで『あの時自分はこういう気持ちだったんだよね』ってたくさん話し合ってきたんだよね」と答えたら、お姉様がぶわっと泣き出してしまいました。(お姉様曰く「感動した」とのことですが)

「人はみんな、こういった(届出の)かたちに縋りたいんだと思います…。私自身も色々あったので…。窓口の担当者としていろいろな人たちをみてきましたが、今日の日のことは一生忘れないと思います」

お姉様はそう言って「…お二人はソウルメイトだったんですね」と呟かれておりました。