在宅勤務からの転職、化学物質過敏症の軽快、働く幸せについて

2020年。

当時は複数人で立ち上げしたスタートアップ企業で働いていた。

現場は旦那ともう1人の3人体制で、わたしは持病(化学物質過敏症)の都合もあって、体調に合わせて在宅勤務と通勤を併用(出勤は大体週1~2日程度)他2名は通勤者。

現場がある中でひとりだけ在宅勤務という働き方は思いのほか難しかった。現場でリアルタイムに行われるやりとりにかなうものはなく、現場の意思決定に従って自宅で書類を作成するような、いわゆるサポーターとしての働き方しかできない寂しさを覚えていた。

あくまでも在宅勤務のわたしは業務の中心に居られない疎外感を感じていた。

ただ、わたしは業務運営方針を自由に考えて代表に進言できる立場にあったので、緊急事態宣言が出た翌日には、元々自分が半在宅勤務であることを活かして、全員在宅勤務に切り替える手筈を整えた。

翌週中の報道で、同僚が通勤利用していた公共交通機関の運転手が新型コロナウイルス感染症にかかったと報道されていた。

我ながら凄く対応が早くて良かったと自負している。

 

全員在宅勤務となってからは、業務に対する疎外感は減ったけれども、今度は旦那と四六時中一緒ということに息苦しさを感じ始めた。

緊急事態宣言下ということで、友達との約束が軒並みキャンセルとなり、気軽に誰かと会って遊ぶことができなくなった。

ただ、我が家は車を使わないとそもそも生活が成り立たないような地域にあるため、旦那と二人で地方へ地方へドライブしまくり、誰も居ない公園で散歩するなど、極力人と会わずして楽しむ工夫はした。

しかし、旦那とは自他ともに認める超絶仲良しで、24時間365日一緒に居て平気だったはずが、強烈な孤独感に襲われるようになった。

 

そんな時に趣味で繋がった友達とVC(ボイスチャット=通話)をするようになって、誰かと通話をしながら遊ぶということの面白さをはじめて知った。それまで他人と通話しながら遊ぶのが嫌いだった自分にとってかなり大きな変化だった。

家族以外の他人と話すことの大切さを思い知った。

 

さて、当時の会社は経営陣が他の会社を兼任している状況で、他方の会社の様子はFacebook等で流れてくることがあった。

例えば、緊急事態宣言の影響で困り果てた地元の惣菜屋さんのテイクアウトをみんなで食べました。とか。

緊急事態宣言下だからこそ三密に配慮して××しました。とか。

うちの会社の現場は原則こちらに任されているために、元々経営陣とはメールでのやりとりが主で、よくて1か月に1度しか会えない状況ではあったけれども、他方の会社内においてリアルなかかわりがあることが凄く羨ましくて仕方がなかった。

 

もう1人が事情により退職した。

 

代表はそんな中で毎週ZOOMで会議名目で連絡を取りましょうと言ってくれた。あのときは本当に心底ほっとしたねぇ。

しかし多忙を極めた方だったのもあって、翌週には「何の用でZOOMをやるのか」と不機嫌そうな顔で言われてしまった。

 

6月、限界を感じて仕事を辞めた。

 

そして数か月後、知人の紹介で再就職した。

化学物質過敏症の話をした上で、近場で通勤圏内の職場に受け入れられた。

マスクをしていても違和感のない時代になったため、マスクしながら通勤して働くようになった。

物凄く幸運なことに、現場に柔軟剤を使う人がおらず、多少のタバコ臭、シャンプー臭、まあいろんな化学物質の影響は感じるものの、マスクがあれば身体が耐えられる環境だった。

そして、その現場で出会った人たちに磨かれて、わたしは一気に元気になった。

 

現場の人たちにあたたかく迎え入れられ、適度に褒められ、適度に窘められ、素直でありのままの自分で働ける職場。報連相(報告/連絡/相談)ではなく雑相(雑談/相談)を大事にしていて、今では毎日のように笑い転げながら働いている。

一番年下の紅一点だからこそ、数日前の愚痴エントリみたいにちょっぴり複雑な思いになることはあるけれど、年上のみなさんからたくさんの人生経験と価値観の話をお聞きすることで、自分の知識や認識が変わっていく。

出社するたびに自分が成長していく楽しみがある。

わたしが笑うと、みんなも笑ってくれることが嬉しい。

 

健康管理と生きる充実感のお陰で免疫があがったのだろう。今では入職時よりも化学物質がたくさん使われている状況であってもマスクを外して普通に生活できている。

 

はてなブログお題「#この1年の変化」ということで、今回は仕事に対する変化を書き連ねてみたけれども、私生活も書ききれないほどいろいろあって、その延長線上で今年も人生のターニングポイント的な時間を過ごすことになりそう。

 

新型コロナウイルス感染症による生活様式の変化の影響というのがとても皮肉だけれども、わたしにとってこの1年はより自分らしく生きるための生まれ変わりの1年だったなぁと感じています。