1年の振り返りと感謝を

昨日は所属教会(これでも受洗者だったりします)でクリスマス礼拝でした。

今年は新型コロナウイルス等の影響で、大々的に外部からお客様を呼べず、ほぼいつものメンバーでキャンドルサービス有の特別礼拝とプレゼント交換という、ささやかながらあたたかな時間を過ごさせていただきました。

 

お祈りの中で新型コロナウイルスのことが出ておりました。

そのお祈りを聞きながらわたし自身の1年間を振り返りましたが、新型コロナウイルスについて直接的に思い煩わずに済んでいたことに気付き、感謝の気持ちでいっぱいでした。

 

約1か月に1度ペースで大きな波・乗り越えるべき壁がやってきて、いっぱい考えさせられて、自分が身を置く環境が変わり、大怪我をしながらも夢のひとつを叶え、ご縁と出会いによって価値観が逆転して、愛とは何か散々味わうことができ、自分が人生でやりたいことや自立に向けて覚悟を決めはじめた………激動の1年間ではありましたが、おかげさまで無事に2021年を迎えられそうです。あと約10日間何もなければ。

 

いつまで生きていけるのかわかりませんが(平常時であっても、生物である以上毎日が死と隣り合わせなのですけどね)少なくとも「今すぐ死んでも構わない」から「もう少し人生の結末を見届けてもいい」と思えるくらいには、息を吹き返すことができた、そんな素敵な1年間でした。

 

わたしはこれからも、素直な自分の感覚を信じ、自分の頭で考え決断し、精一杯の誠実さとできる限りの愛をもって歩み続けていきたいと思います。

そして願わくば必要とする方々に必要な事柄を届けられる人でありたい。

過去も現在も含め、今の「わたし」を構築するために関係してくれたすべての人たちに心から感謝を。

 

最後に、直接罹患ではなくとも、様々な影響を受けて苦しみの渦中にある皆様方の平穏無事をお祈り申し上げます。