Works

在宅勤務からの転職、化学物質過敏症の軽快、働く幸せについて

2020年。 当時は複数人で立ち上げしたスタートアップ企業で働いていた。 現場は旦那ともう1人の3人体制で、わたしは持病(化学物質過敏症)の都合もあって、体調に合わせて在宅勤務と通勤を併用(出勤は大体週1~2日程度)他2名は通勤者。 現場がある中でひ…

選択的夫婦別姓

選択的夫婦別姓には賛成。 別姓でどんな不利益が生じるのかイメージがつかない。 だって「選択的」ということは、別に別姓を強制されるのではなく、従来通り同姓でいたい人はそのままそうすればいいのだよね? 「選択肢」を増やすことの何が悪いのかよくわか…

おしごとつれづれ

被害妄想かもしれないけれどもね。 一番年下の紅一点として勤めているため、職場のみなさんから大変可愛がっていただいているけれど、何とも言えない性別差を感じたりする。 もちろんその「可愛がってくれる」ということが「優遇」や「配慮」だったりもする…

幸せな風景

今日のお仕事はとても幸せだった。 午前中は地域の人たちとともに、とあるイベントの下準備。すごく簡単な軽作業。 地域の軽度認知症高齢者の方がきてくれて、笑顔で活躍してくれました。 人が役割を持つ意義を改めて強く感じました。 わたしは今まで何度も…

就労支援員で有る限り肝に銘じておきたいこと

相手の希望(望み)を潰してはいけない 相手のストレングスを活かし相手を信じること 甘い言葉で相手のやる気を潰してはいけない 時間は有限であるという認識を忘れてはいけない 本人から「仕事に就きたい」と希望があり、実際に応募を検討している職場まで…