Log

徒然、感じた事

こまったねぇ

Log

衝撃的な(とはいえ想定の範囲内の)話を告げられた。 どういう自分で在りたいか、突き付けられている。 きっと何を選んでも間違いじゃない。 決して現実から「逃げ」たくはない。 このまま差別偏見とたたかう? なあなあにうまく渡り歩こうとする? それと…

在宅勤務からの転職、化学物質過敏症の軽快、働く幸せについて

2020年。 当時は複数人で立ち上げしたスタートアップ企業で働いていた。 現場は旦那ともう1人の3人体制で、わたしは持病(化学物質過敏症)の都合もあって、体調に合わせて在宅勤務と通勤を併用(出勤は大体週1~2日程度)他2名は通勤者。 現場がある中でひ…

選択的夫婦別姓

選択的夫婦別姓には賛成。 別姓でどんな不利益が生じるのかイメージがつかない。 だって「選択的」ということは、別に別姓を強制されるのではなく、従来通り同姓でいたい人はそのままそうすればいいのだよね? 「選択肢」を増やすことの何が悪いのかよくわか…

おしごとつれづれ

被害妄想かもしれないけれどもね。 一番年下の紅一点として勤めているため、職場のみなさんから大変可愛がっていただいているけれど、何とも言えない性別差を感じたりする。 もちろんその「可愛がってくれる」ということが「優遇」や「配慮」だったりもする…

個人主義を極めると「結婚しなくて良い」になるのかも

別に我が家の離婚の話は周囲に隠しとおすものでもないということで、相手を選びながらも徐々に話しております。 同業他社に勤めている仲の良い同世代の方が、うちの職場に業務を兼ねて頻繁に遊びに(?)来られるのですが、最近は恋愛観や人生観なども話し合…

二面性の世界を渡り歩く

今の職場は裏表なくいろんな話をすることが多く、その中から必要な気付きを得ることが多いです。 特に同僚(先輩)とは悪気無くお互いにストレートに意見を言い合い、趣味(そのものは全く違うのだが)を通して見ている世界・余暇でやりたいことが近く、…も…

愛されながら、離婚カウントダウン開始

↓発端はこれ ↓ 前回はこれ 連載っぽくなってしまった、我が家の離婚騒動。 前回からまた進展がありました。 まず、わたしたちの離婚予定日は今年の結婚記念日に決定。 旦那の方から日程を提示してくれたので、快く受け入れさせていただきました。 同時期に旦…

わたし目線の結婚生活の果て

人とはコンディションで受け取り方も変わるし、気持ちは常に揺れ動く。 伝えるべき言葉を伝え忘れたり、うまく伝わらないこともよくある。 何なら相手が伝えてくれた言葉に対する真実や背景はわからないものである。 ----- 大体1ヶ月くらい前にですね、下記…

言葉のチカラ

「引き寄せの法則」とかいうやつ。 あまり興味がなくて詳しくはないんだけど、わたしの解釈は「思う通りに人生を創り上げるチカラ」なのかなーと思いまして。 何となく考えていたら、ふと、そのカラクリについて、わたしなりにわかってしまいました。 「引き…

1年の振り返りと感謝を

Log

昨日は所属教会(これでも受洗者だったりします)でクリスマス礼拝でした。 今年は新型コロナウイルス等の影響で、大々的に外部からお客様を呼べず、ほぼいつものメンバーでキャンドルサービス有の特別礼拝とプレゼント交換という、ささやかながらあたたかな…

幸せな風景

今日のお仕事はとても幸せだった。 午前中は地域の人たちとともに、とあるイベントの下準備。すごく簡単な軽作業。 地域の軽度認知症高齢者の方がきてくれて、笑顔で活躍してくれました。 人が役割を持つ意義を改めて強く感じました。 わたしは今まで何度も…

結婚という契約の解消をします。

「結婚とは何か?」 社会通念上、夫と妻が婚姻届を役所に提出することで、晴れて"結婚した"と認められる。 婚姻届とはある意味「契約」で、婚姻関係にある者は民法や税制上で様々な優遇を受けられる。 どちらかが不貞行為を働けば、一定の裁量の元に裁かれる…

一見普通な人でも病んでいるのかもしれない

わたしの実母(60代)の大学時代の友人に「お嬢様」が居る。 その方の両親が地方の医者をやっていた関係で、お金に苦労をされてきたことがなかったようだ。 専門的な技術習得のために海外留学した、その地域その分野ではちょっとした有名人。 専門スキルとあ…

好きになった相手が犬だった

濃厚なこの1か月(え?まだ1か月なの?)を振り返ると… えーっと。ジョンさん(仮称)が大好きすぎてすったもんだしてました。 何故故大好きなのか?「彼のもつ感性にとにかく惹かれる」「理由がよくわからないけどすごく気になる」「他人の声に興味を持った…

「可哀想」なんて、要らねえわ

Log

↓昨日の続き。 今日は昨日と打って変わって気分爽快。 自分の気持ちを自分なりの100%の表現で伝えることができました💮 相手の方からも短いながらお返事をいただきました。 肯定的かな?と捉えられるくらいには気分が良いから、これで良かったのだ。きっと。

「お金は愛です」という考え方が好きだ

前にもどこかで書いたかもしれないけど「お金は愛です」という考え方が好きです。 「このご飯とっても美味しい」=お金を払う価値がある。 「美味しい野菜をありがとう」=お金を払う価値がある。 「着心地の良い服があって嬉しい」=お金を払う価値がある。…

気分墜落スパイラル

Log

どうもおきょうです。人間関係の壁にぶちあたり、ただいま絶不調。 相手はここ最近ずーっと仲良かった方で、心の底から好きなのですが、とうとう思い出す度にしんどさが増すという悪循環に。 先週末は感情のコントロールがきかなくなり、自己嫌悪に陥るよう…

「不安だからこそ動き続けるのです」

わたしの人生に多大なる影響を及ぼした、恩人的存在な某社長の言葉。 その方は一部界隈では知る人ぞ知る「凄い人」で、わたしも尊敬している。その方のお陰で九死に一生を得た時期もあって、その方のお陰で今のわたしがいるといって過言ではない。 めちゃく…

就労支援員で有る限り肝に銘じておきたいこと

相手の希望(望み)を潰してはいけない 相手のストレングスを活かし相手を信じること 甘い言葉で相手のやる気を潰してはいけない 時間は有限であるという認識を忘れてはいけない 本人から「仕事に就きたい」と希望があり、実際に応募を検討している職場まで…

世間から白い目でみられようとも

Log

わたくし、来月、関西地方に遠征します。 今の仕事で色々考えさせられる出来事がありまして、己の勉強不足を痛感しております。 関西に同業の本拠地がありまして、見学に行くことにしました。 このコロナ禍下で遠征なんて…と世間様から白い目で見られそうで…

科学とスピリチュアルは同じものを見ているのではないか

どうも、最近とあるスピリチュアルなお話が気になるおきょうです。 ↓↓デリケートな話題なので早速続きを読むボタンを配置。

友達が家出しました

Log

8050問題にあと一歩で手が届きそうな友人がいます。 無職。それなりにひきこもり。実家暮らし。みたいな。 家族ぐるみで仲良しで、わたしも旦那もご両親に大変可愛がってもらい、友人本人にもお世話になっていますが、どうやらその友人が家出したそうです。 …

女だからっていうの偏見ですからー!

Log

「女はパソコンには疎いんだろう」ってよく思われるようですが、わたし自身はそんなに疎くない(と思います) 全く以てその筋のプロとして働いたことがある訳ではないのですが、趣味でネットワーク構築したり、ホームページ作ったり、絵描いたり、デザインし…

傷ついている人ほど臆病で優しいこともなく

Log

「子どもの頃は天使のようだった。当時は優しくて正義感が強かったんだ。」と自分のことを表現する友達がいまして。 その友達はその後苦労に苦労を重ねたとのことで、今はもう天使ではないかのように言うのよ。自分は優しくなんかないって。 でも今でも後ろ…

秋は苦手です

Log

9~10月は苦手です。 季節の変わり目で日照時間が短くなっていくのもそうだし、友達の命日があるから。 今年で12年経ちます。干支が一周してしまった。 あの時同い年だったはずなのに、周回分年上になってしまった。 毎年思い出しては、苦悩して、いろんな思…

職場でじゃがいもをもらった

Log

大量のじゃがいも。 とある人から好きなだけ持って帰っていいよと言われた。 職場を代表して立ち寄った先だったので、職場の人にも配ろうと多めに貰って帰った。 買い物袋、ふたつ分にぎっしり。この量を素直に買ったらおいくらになるんだろうか。 この量な…

バイク、できるんじゃん。

こんにちは、おきょうです。 痛い足を引きずりながら久しぶりに教習所に行ってきました。 初めての教官にあたりました。 そしたら、何の問題もなく乗れました。

教習難航中

こんにちは。おきょうです。 例の自動二輪教習、難航してます。 一本橋は出来るようになったんですが、今度はクランクで吹っ飛びました。 足を強打して、幸いにも打撲傷で済みましたが、中々治りません。うまく歩けないまま1週間半が過ぎました。 以下教習所…

ラスボスは自分自身

こんにちは、おきょうです。 数ヶ月前に仕事を辞めて、主婦生活をエンジョイしていましたが、本日正式にお仕事が決まりました。わーい。 新しいお仕事が決まりました〜☀️ある日突然昔の知り合いから電話が来て「今人手不足なんだけど夢に出てきたからどうか…

「名前を覚える」ということ

Log

先日、名前、とりわけ苗字を覚えることについて、興味深いエピソードがありました。 きっかけはとある教授との会話。 その教授は仮名で「中田さん」とします。 わたしは仮名で「熊谷さん」とします。